石器時代から道具として活用し、人類最古の栽培植物とされる「ひょうたん」。
タオイズムでは”人間と自然”の調和の象徴ともされています。
カラヴィンカは糸島・二見ヶ浦の自宅農園でひょうたんを無農薬栽培、
この多忙な現代にひょうたんのある生活を提案しています。
独特な曲線とミニマルなデザインによって際立った「自然の造形美」をお楽しみ下さい。

“Gourd” , one of the first domesticated plants, has been used as a tool since the stone age. In Taoism, it is consider to be a symbol of harmony between man and nature. Kalavinka grows pesticide-free gourds in Itoshima and Futamigaura, proposing a life with gourds in today's busy society.  Enjoy its God-designed shape with unique curve and the minimalism of it.

NEWS

Follow us on Instagram